遺伝のせいで薄毛になる?すぐに実践できる解決方法を解説

「遺伝が薄毛に関係しているって本当?家系的に薄毛の人が多いから将来が心配…」

今は症状が進行していなくても、遺伝のせいで将来薄毛になるのではないかと不安を抱えている人は多いですよね。

結論からいうと、遺伝は薄毛に大きく関係していることは医学的にも分かっています。薄毛の遺伝子を引き継いでいる方は、そのまま放っておけば将来的に薄毛になる可能性が高いです。

ただ、今のうちから薄毛対策をしたり、改善方法を把握したりしておくことで、将来薄毛になる可能性を下げることができます。

そこで本記事では、遺伝が薄毛を引き起こす根拠を解説するとともに、薄毛の対策方法について紹介していきます。

記事をよんで分かること
  • 薄毛を引き起こすAGAと遺伝の関係とメカニズム
  • 遺伝で薄毛が発症するかどうかを見分けるポイント
  • 遺伝以外の薄毛の発生原因
  • 遺伝による薄毛を改善する方法
  • 薄毛治療前に知っておきたいポイント

本記事を読み終えれば、なぜ遺伝が薄毛に関係しているかが理解できるとともに、自分が今何をすべきかが明確になっているでしょう。ぜひ、最後まで読み進めてください!

薄毛を発症するAGAには遺伝が大きく影響している

 薄毛を発症する原因はたくさんありますが、男性に関して言えば90%以上の方がAGAによるものだと言われています。

AGAとは男性型脱毛症の意味で、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていく脱毛症です。成人男性によく見られ、20代の方でも発症します。

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年版によれば、男性型脱毛症の発症には、遺伝と男性ホルモンが関与しているとの記載があり、AGAには遺伝が大きく関係していることがわかっています。つまり身内にAGAの人がいれば、自分もそうなる確率は高いです。

とは言われても、どのように薄毛が遺伝に関係しているか疑問に思うはずです。ここからは具体的に、遺伝が薄毛とどのような関係があるのか詳しく解説していきます。

薄毛が遺伝するという医学的な根拠

薄毛が遺伝するという理由を、医学的な根拠をもとに解説していきます。根拠は以下の2つです。

  1. 5αリダクターゼの活性度は遺伝によって引き継ぎやすいから
  2. 男性ホルモンレセプターの感受性が遺伝によって左右されるから

それぞれの根拠を分かりやすく解説していきます。順に見ていきましょう。

5αリダクターぜの活性度は遺伝によって引き継ぎやすいから

1つ目の根拠は、5αリダクターゼの活性度は遺伝によって引き継ぎやすいからです。

そもそも5αリダクターゼとは、男性ホルモンの一つであるテストステロンの働きを助ける酵素です。具体的には、以下の働きに作用しています。

  • 筋肉の生成
  • 体毛の促進
  • 精力促進
  • 皮脂の分泌

一方、5αリダクターゼはテストステロンと結びつき、脱毛を促すジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれるホルモンを発生させる働きがあります。5αリダクターゼの活性度が高すぎると、DHTの発生量が多くなるため、薄毛の要因となってしまうのです。

また、5αリダクターゼの量は遺伝によって個人差が大きくあらわれます。さらに、この遺伝子はやっかいなことに、子どもに引き継ぎやすい”優性遺伝子”。

DHTを過剰に発生させるほど活性度の高い5αリダクターゼを遺伝として引き継ぐと、薄毛を発生さるリスクが高まります。

まとめ
  • テストステロンと5αリダクターゼ結びつき、DHT(脱毛要因ホルモン)が発生する。
  • 5αリダクターゼの活性度が高いと、DHTが過剰に発生する。
  • 5αリダクターゼの活性度は遺伝によって引き継ぎやすい。

男性ホルモンレセプターの感受性が遺伝によって左右されるから

2つ目の根拠は、男性ホルモンレセプターの感受性が遺伝によって左右されるからです。

男性ホルモンレセプターとはその名の通り、男性ホルモンを受容するはたらきをします。

本来なら男性ホルモンレセプターの働きによって、骨や筋肉の発達や育毛効果を存分に発揮できるようになるはず。ところが、男性ホルモンレセプターの感受性が高いと、DHTを過剰にキャッチし、逆に脱毛の要因となってしまいます

また、男性ホルモンレセプターの感受性のレベルは隔世遺伝によって子どもに引き継ぐことが分かっています。祖父母やそれ以前の身内の遺伝子からも引き継いでしまうのです。

DHTを過剰にキャッチするほど、感受性の高いホルモンレセプターが遺伝すると、薄毛を発生しやすくなります。

まとめ
  • 男性ホルモンレセプターとは、男性ホルモンを受容するはたらきがある。
  • 男性ホルモンレセプターの感受性が高いと、DHTが過剰に発生する。
  • 隔世遺伝によって男性ホルモンレセプターの感受性は左右する。

遺伝的に薄毛が発生しそうか見分けるポイント

遺伝的に薄毛が発生しそうかを見分けるポイントは以下の3つです。

  • まずは母方の家系に薄毛の傾向があるかを確かめる
  • 父方の家系にも薄毛の傾向がないかを確かめる
  • AGAクリニックで遺伝子検査を受ける

それぞれ詳しく解説していきます。

まずは母方の家系に薄毛の傾向があるかを確かめる

1つ目のポイントは、母方の家系に薄毛の傾向がないか確かめることです。

脱毛の要因となる男性ホルモンレセプターの感受性は、X染色体の遺伝情報から伝わります。X染色体は母親からしか受け継がないため、母方に薄毛の傾向がある方は、遺伝的に薄毛になる可能性が高いと言われています。

とは言っても、「遺伝を受け継ぐかどうか分からなんて分からないじゃん」と思う方もい多いはずです。実は、隔世遺伝で男性ホルモンレセプターの感受性を受け継ぐ可能性は、なんと50%と言われています。

母方の家系が薄毛だからといって、みんなが薄毛になるというわけではないですが、指標にはなるでしょう。まずは、母方の家系に限定して薄毛の傾向を確認してみましょう。

参考

【染色体の遺伝のしくみ】

  • 男性はXY染色体をもち、女性はXX染色体を持つ。
  • 子どもが受け継ぐ染色体は、父親から「Y」・母親から「X」と決まっている。
  • X染色体は母親からしか受け継ぐことはない。

父方の家系にも薄毛の傾向がないか確かめる

「母方は薄毛の傾向がないから、自分は大丈夫だ」と、思った方もいると思いますが、油断をしてはいけません。

2つ目のポイントは、父方の家系にも薄毛の傾向がないか確かめること。父方の家系からは、5αリダクターゼ活性度を受け継いでいる可能性があるからです。

5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子を受け継げば、薄毛の要因となるDHTを多く発生させてしまいます。薄毛の要因は、母方から受け継ぐ男性ホルモンレセプターだけではないので、父方の家系もチェックしなければなりません。

母方も父方も両方薄毛の傾向がある場合は、AGAを発症する確率は高いため、注意が必要です。 

AGAクリニックで遺伝子検査を受ける

3つ目のポイントは、AGAクリニックに受診して遺伝子検査を受けること。

たしかに父方と母方の遺伝をたどれば、なんとなく自分がAGAになりやすいかどうかを判別できます。ただ、確実性はありません。

正確にAGAの発症確率を知りたいなら、AGAクリニックで遺伝子検査を受けることをおすすめします。遺伝子検査では、脱毛因子を生み出すアンドロゲンレセプターの感受性の高さを知り、AGAのリスクを予測できます

口の中の粘膜を綿棒でこすりとって終わるため、検査は簡単に終わります。クリニックによっては、費用が違ったり治療に必要としていなかったりと、対応はさまざま。

遺伝子検査を受けたい場合は、受診予定のAGAクリニックに事前に相談してみましょう。

遺伝以外に薄毛が発生するおもな原因

AGAが発症する原因は、遺伝だけに限りません。遺伝の要素に加えて以下の3つのポイントが、AGAを引き起こす要因と考えられています。

  • 乱れた生活習慣を送っている
  • ストレスを溜めこんでいる
  • 間違ったヘアケアをおこなっている

 それぞれに該当していなかどうか、振り返りながら読み進めてみてください。

乱れた生活習慣を送っている

乱れた生活習慣は薄毛の原因となります。まずは、食習慣の乱れや睡眠不足が続いていないかを見直してみましょう。

1つ目に見直してほしいのは、食事です。食事から得られる栄養素は、髪の毛が成長するために必要な養分になります。細胞分裂を繰り返して髪の毛は成長していきますが、必要な栄養素が行き届かなくなると、丈夫な髪の毛は育ってくれません。

特に髪の毛の成長に欠かせない栄養素は以下の3つです。

  1. タンパク質
  2. ミネラル
  3. ビタミン

正しい食事の習慣をさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【実例紹介】AGAの対策には普段の食事が肝心。オススメの食習慣やNGな食習慣を解説

2つ目に見直したいのは、睡眠です。睡眠が不足がしていると血管が収縮し、本来血液から流れてくるはずの栄養素が頭皮に行き届かなくなってしまいます。頭皮に栄養が届かなくなれば髪の毛は育たないため、薄毛を発生させる原因となってしまいます。

生活習慣を改善したからといって、必ずしも薄毛にならないわけではありません。ただ、意識すればすぐに実践できることなので、薄毛が気になる方は実践してみましょう。

ストレスを溜め込んでいる

2つ目の原因はストレスを溜め込んでいることです。

過度なストレスを抱えていると、ホルモンの分泌が乱れ、体内の血流が滞ってしまいます。血流が滞ると、頭皮にも栄養素が十分に行き渡らないため、髪の毛を丈夫に成長させることができません。ストレスによる頭皮環境の悪化は、薄毛の引き金となるので注意が必要です。

「軽いランニングをする」「友達と遊ぶ」「趣味や特技に打ち込む」など、自分に合った方法で構いません。ストレスを溜め込まないための日常的なリフレッシュ方法を見つけておきましょう。

間違ったヘアケアをおこなっている

3つ目の原因は間違ったヘアケアをおこなっていることです。 

間違ったヘアケアを行っていると、頭皮が清潔に保てなくなったり、血流が悪くなって栄養素の運搬が滞ったりします。ここでは、すぐに実践できる正しいヘアケアとして、正しいシャンプーの方法を紹介します。

参考

【正しいシャンプーの方法】

  • シャンプーを使う前にお湯で髪の毛を洗い流す
  • シャンプーを手に取ったら、手のひらで軽く泡立ててから髪にのせる
  • 生え際から頭頂に向かって、指の腹で頭皮を優しくマッサージする感覚で洗う
  • 洗い残しがないように十分に洗い流す
  • タオルを押し当てて、頭皮を揉み込むようにして水分を吸収する
薄毛対策にシャンプーは効果ある?正しい使い方やおすすめ商品まで紹介

遺伝による薄毛を改善するためにすぐできる行動

遺伝による薄毛を改善するためにすぐできる行動は、以下の3つです。

  • 栄養バランスのとれた食事を1日3食とる 
  • 適切な睡眠時間を確保する
  • 適度な運動をする

 一つずつ詳しく解説していきます。 

栄養バランスのとれた食事を1日3食とる

髪の毛を丈夫に育てるために、栄養バランスの取れた食事を3食しっかり摂ることは、AGAの予防につながります。

なかでも髪の毛の原料となるのが、以下の3栄養素です。

  1. たんぱく質
  2. 無機質(ミネラルともいう)
  3. ビタミン

これらが不足しないよう、多く含まれる食材をあらかじめ知っておくと良いでしょう。おすすめのメニューを提示しておくので、参考にしてみてください!

主食 おかず その他
食パン スクランブルエッグ

魚肉ソーセージ

ブロッコリーとトマトのサラダ

ごはん マグロの刺身

揚げ出し豆腐

わかめの味噌汁

豆とひじきのサラダ

ネーブルオレンジ
おやつ カシューナッツ
ごはん 牛肉赤身の肉じゃが

納豆

小松菜と卵のスープ

生野菜サラダ

しかし、忙しい日々を送る人にとっては、栄養バランスを考えながら食事を3食作るなんて難しいですよね。ある程度食事のメニューも意識しながら、ビタミンや亜鉛はサプリメントで補うのもおすすめです。

【実例紹介】AGAの対策には普段の食事が肝心。オススメの食習慣やNGな食習慣を解説

適切な睡眠時間を確保する

適切な睡眠時間は人それぞれ違うともいわれていますが、平均6時間ほどは確保しておくことが大切です。

正しいサイクルで髪を発育させるためには成長ホルモンが必要不可欠です。ただ、成長ホルモンは深い眠りついていないと分泌されません。

深い眠りにつくためにも、しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。また、成長ホルモンが1番多く分泌されるのは、午後10時~午前2時頃だといわれています。少なくとも、この時間帯は寝ておくことが理想的です。

薄毛を予防するには睡眠がカギ。良い睡眠をとるための基礎知識やポイントを解説

適度な運動をする

適度な運動で汗をかくと、DHTを生成する因子が汗と一緒に体外に排出されます。

DHTとは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの1種で、脱毛の原因となるものです。運動はAGAの元凶を根本から生成させないようにする効果があるため、薄毛の改善につながる行動の1つと言われているのです

また、ストレスの発散や成長ホルモンの分泌も促進される効果もあります。

【実例紹介】AGAの対策には運動が効果的。おすすめの運動方法を紹介

薄毛治療を開始するなら知っておきたいポイント

ここまで紹介してきたのは生活習慣の改善ですが、あくまでも予防的要素が強いため、効果が抜群であるといえないのが実際のところです。

一番効果的なのは、やはり薄毛の専門家に相談するということです。自己流でAGAを治そうとすると、どうしても効果がでなかったり、最悪の場合は間違った方法で副作用を発生させたりするリスクがあります。そこで、医療機関での治療をオススメします。

ただ、医療機関で薄毛治療を開始する場合でも気をつけてほしいポイントが…。以下の2点で解説していきます。

  1. 薄毛治療は早ければ早いほど良い
  2. 薄毛を治療するなら医学的根拠にもとづいた治療を受ける

薄毛治療は早ければ早いほど良い

1つ目のポイントは早期の段階で治療に踏み切ることです。AGAの症状は放っておくと、どんどん進行していきます。

AGAを発症してから数年が経ち、症状が大きく進行している場合は頭皮の発毛機能自体が弱まっている可能性が高いです。発毛機能が弱まった段階で治療を始めても、思ったように毛量を増やすことができなくなってしまいます。

さらに、AGAが進行している状態で治療に踏み切った場合は、早期段階よりも費用が高額になりがち。具体的にいうと、初期であれば内服薬1種類で対応できるのに対し、症状が進行している場合は内服薬と外服薬を組み合わせた治療が必要になります。使用する治療薬が増える分、当然費用は高くなるでしょう。

AGAの早期治療は、費用面と効果面の両面で成功の大きなポイントとなります。「最近、抜け毛が増えてきたかも?」と思ったくらいの段階で、AGAクリニックに相談しましょう。

薄毛を治療するなら医学的根拠にもとづいた治療を受ける

薄毛治療を開始するなら、医学的根拠に基づいた治療かどうかも確かめておきましょう。AGA治療薬を使用したくない方などをターゲットに、近年発毛サロンと呼ばれるAGA治療が増えてきています。

頭皮マッサージやシャンプーなどによって発毛や育毛を促進する治療法ですが、発毛を促す効果が証明されていないのが現状で、AGA治療としては不十分です。発毛目的でAGA治療を行いたい方は、医学的根拠に基づいた治療をしてくるクリニックを選ぶようにしましょう。

遺伝による薄毛も治療可能。不安なら早めにAGAクリニックに相談を

これまで、薄毛と遺伝の関係性、薄毛を改善するための方法、治療を開始するなら知っておきたいポイントを解説してきました。本記事をまとめると、以下の通りです。

  • 薄毛の発生要因を遺伝によって引き継ぐ可能性は医学的に証明されている
  • 遺伝だけでなく普段の生活にも薄毛を発生させる要因が隠れている
  • 薄毛改善のためにすぐできる行動はあるが、専門医への相談が最も確実
  • 治療開始時のポイントは、早期治療と医学的根拠に基づいた治療を受けること

適切な治療をおこなえば進行は食い止められるので、遺伝による薄毛でも諦めてはいけません。

とは言われても、どこにいけば良いか分からないし、いきなり治療するのは不安という方も多いはずです。

不安でなかなか治療に踏み切れないという方は AGAクリニックの無料カウンセリングで専門医に相談してみましょう。薄毛の専門病院であるAGAクリニックで薄毛の発症可能性や抱えている不安を相談してみることは、一番の正攻法です。

AGAは早期発見・早期治療が肝心なので、少しでも不安を感じているのならすぐにAGAクリニックへ相談しましょう。

AGAクリニックの選び方とは?通院を決める前に検討すべきポイントを紹介
当サイトのイチオシ!

AGAスキンクリニック/迷ったらココ!全額返金保証あり!

広告画像AGAスキンクリニックは提携院を合わせ全国に60院以上を展開し、これまで33万人以上のAGA治療や相談に携わってきました。AGAスキンクリニックはその名のとおり、AGAに特化した専門クリニックで最先端のAGA予防や治療を幅広く提供しています。多くの方が通院しているAGAスキンクリニックでは、99.4%の方が発毛を実感されたという実績があり信頼度も高い印象です。AGAスキンクリニックでは医師の診断をもとに自分に合った最適な治療プランの選択が可能となっており、『予防プラン』としてAGA治療薬の処方が初診のみ月々3,700円~から始められるプランもあるので、これまでAGA治療を受けることに慎重だった方や不安をお持ちの方でも安心です。またAGAスキンクリニックの院内では、カウンセリングから会計までを完全個室にて行うので人目を気にせず気軽に足を運べますし、夜は22時まで診療を行っているためお仕事のあとでも通院が可能です。さらにはビデオ通話を使ったオンライン診療を導入しており、来院不要でお薬が受け取れるので便利です。
AGAスキンクリニックのおすすめポイント
1 通院は1~2ヶ月に1回程度でOK
2 オンライン診断で頭皮の診察と検診ができる
3 初期費用(初診料、カウンセリング、血液検査)0円!
4 全額返金制度あり
5 全院個室・完全予約制

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。