【治療検討中の方必見】AGAクリニックに通うメリット・デメリットを解説

「AGAの治療を受けたいと思っているけど、その前にAGAを治療するメリットやデメリットを知りたい」

そんな思いを抱えている方は多いでしょう。AGA治療をすると、最適な方法で治療できる、AGAかどうか確認できるなどのメリットがあります。

しかし、治療費用がかかる、治療薬の副作用が出る可能性があるなどのデメリットもあるため、注意が必要です。そこで本記事では、AGA治療のメリット・デメリットについて解説していきます。

記事を読んで分かること
  1. AGAの治療方法
  2. AGAの治療をするメリット
  3. AGAの治療をするデメリット
  4. 自力でAGAを改善する方法 

この記事を読み終えれば、AGAを治療するメリットやデメリットを確実に整理でき、治療に踏み切るかどうか検討しやすくなります。ぜひ最後まで読み進めてみてください!

AGAの治療方法とは

AGAの治療方法として広く普及している治療方法は、薬剤治療です。治療内容としては内服薬次いで塗り薬の順に多く、AGAの進行度や予算、クリニックによっては治療方法を組み合わせることもできます。

薬剤治療以外では、光治療や植毛・増毛などがありますが、効果が認められておらず、治療方法としては推奨されていません。また、効果が認められている薬剤治療であっても、後述するようにメリットやデメリットがあるため、治療を受ける際は注意が必要です。

AGAの治療方法を分かりやすく解説。成功するためのポイントも紹介

AGAを治療するメリット

AGAを治療するメリットにはどのようなものがあるのか、気になる方も多いでしょう。そこで、AGA治療をするべきか悩んでいる方に向けて、AGAを治療するメリットを紹介します。

AGAを治療するメリットは、以下の3つです。

  1. 最適な治療方法を選択してもらえる
  2. そもそもAGAかどうかを確かめられる
  3. 早く始めるほど治療効果が出やすい

それぞれ詳しく解説していきます。

最適な治療方法を選択してもらえる

AGA治療を受けることで、最適な治療方法を選択してもらえます。個人の場合、市販の発毛剤を購入すれば、比較的安価にAGA治療を行うことが可能です。

しかし、個人治療だと自身がAGAかどうか判断できていない状況で治療することになるので、思ったような効果が得られない可能性があります。また、副作用のリスクもあることから、知識のない素人による治療は安全ではありません。

その点、専門機関であるAGAクリニックは、しっかりとしたカウンセリングと診断を経て、治療が行われます。自身の症状に合わせたカスタマイズ性の高い治療を受けられるため、個人で治療するよりも高い効果を期待できるでしょう。

また、必要に応じて副作用が起きにくい治療方法を提供してくるため、個人で治療するよりも安全なAGA治療を行えます。

そもそもAGAかどうか確かめられる

AGAかどうか判断できるのも、治療を受けるメリットです。脱毛症にはAGA以外にも、脂漏性脱毛症や円形脱毛症など様々なものがあるため、AGA以外の脱毛症に治療を行っても効果を得ることはできません。

そのため、「AGA=薄毛」と素人判断で行ってしまうと効果を得られないばかりか、無駄なコストばかりがかかってしまいます。治療を受ければ、初回のカウンセリングや診察で、AGAかどうか確認することができ、コストを無駄にすることなく効果的な治療を受けことが可能です。

【完全版】AGAとは?定義から症状・原因まで徹底的に解説

早く始めるほど治療効果が出やすい

AGAの治療効果を得たい方は早めに治療するようにしましょう。AGAを放置すると手遅れとなる可能性があり、治療しても効果を得ることはできません。

AGA治療には毛根が生きていることが必須条件となるからです。AGAは毛が生え替わるヘアサイクルが短くなることで、薄毛が進行します。

生きている毛根に育毛・発毛成分を与え、ヘアサイクルが短くなることを防ぐのがAGA治療です。しかし、死んだ毛根にいくら育毛・発毛成分を与えても効果はなく、AGAが進行して多くの毛根が死ぬ前に治療を行わなければなりません。

AGAの進行レベルは大きく分けると、以下の表の通りです。

進行レベル 特徴
レベル1 ボリュームがなく、頭頂部が薄くなっている。生え際と頭頂部の薄毛が目立ってきている。
レベル2 産毛はあるが、毛のない部分がはっきり分かる。生え際から頭頂部の脱毛部分がつながっている、またはつながりそう。
レベル3 脱毛部分に産毛も生えておらずつるつるしている。

上記のレベルのうち、レベル2までであればAGA治療の効果が期待できます。しかし、レベル3になると、生きている毛根がほとんどないケースも多く、効果は期待できません。

以上の点から、生きている毛根が多いほど、AGAの治療効果は出やすくなるため、薄毛かなと感じたら早めに治療することが大切です。

AGAを治療するデメリット

AGAを治療するメリットを理解したからといって、何も考えずにAGA治療をするのは、おすすめしません。なぜならば、AGAの治療はメリットだけでなく、デメリットも存在するからです。

ここでは、納得して治療に専念できるように、AGAを治療するデメリットを紹介します。AGAを治療するデメリットは、以下の3つです。

  1. 治療費用がかかる
  2. 治療薬の副作用が出る可能性がある
  3. 定期的に通院するのが面倒くさい

それぞれ詳しく解説していきます。

治療費用がかかる

治療費用がかかるのが、AGA治療のデメリットです。1ヶ月あたりのAGA治療費用は、5,000円~1万程度多いといわれています。

通院するクリニックによって変動することはもちろん、同じクリニックであってもAGAの進行状況によって治療費は変化するので、注意が必要です。また、後述のとおり、AGA治療の効果を実感するのは最短でも6ヶ月程度だといわれています。

治療期間が長くなるほど治療費用はかかりますので、どれくらいまでなら治療できるかなど、予算配分もしっかりと行わなければなりません。

AGA治療の費用は一体いくら?安く済ませるためのポイントも解説

治療薬の副作用が出る可能性がある

治療薬の副作用が出る可能性があるのも、AGAを治療するデメリットの1つです。ここでは、「代表的なAGA治療薬の副作用」「AGA治療薬別の副作用」の2つを紹介します。

代表的なAGA治療薬の副作用としては、次の6つです。

  • 抑うつ
  • 頭皮のかゆみ
  • 頭機能不全(性欲の低下・勃起不全・精液減少)
  • 頭皮のかぶれ
  • 性痛
  • 呼吸困難

次に治療薬別の副作用について見ていきましょう。代表的な治療薬は「ミノキシジル」「プロペシア錠(フィナステリド)」「ザガーロカプセル(デュタステリド)」の3つです。

ミノキシジルで起きやすい代表的な副作用としては、以下の3つが挙げられます。

  • 初期脱毛
  • アレルギー反応
  • かゆみ

また、内服薬の場合ですと、動悸やめまい、低血圧、むくみ、全身の毛が太くなるなどの副作用も見受けられます。

プロペシア錠(フィナステリド)とザガーロカプセル(デュタステリド)の代表的な副作用としては、以下の7つが挙げられます。

  • かゆみ
  • 発疹
  • じんましん
  • めまい
  • 性機能不全(性欲の低下・勃起不全・精液減少)
  • 睾丸痛
  • 抑うつ

また、ザガーロカプセル(デュタステリド)は上記以外にも、アレルギー反応や下痢、腹痛、神経過敏などの副作用が報告されており、性能不全を感じる方が多い治療薬といわれています。

このように、AGA治療薬ごとに副作用は様々です。服用したからといって、必ず副作用が出るというわけではありませんが、リスクがあることを理解しておきましょう。

AGA治療薬は種類によって効果が違う?特徴や注意点を解説

定期的に通院するのが面倒くさい

AGA治療は定期的に通院するのが手間です。一般的な風邪のように1ヶ月程度で改善するものではないため、定期的に通院しなければなりません。

個人差はあるものの、AGA治療によって変化を感じられるようになるためには、最短でも6ヶ月程度経過してからといわれており、治療期間中は毎月1回通院しなければなりません。

そのため、どれくらい通院するのか分からず、面倒くさいと感じる方は、治療を始める際に治療期間の設定もしくは治療期間の目途がどれくらいなるか、医師に相談しておくとよいです。

また、薄毛の病院に通院している恥ずかしさから、通院を断念してしまったという方も多いといわれています。

自力でAGAを改善する方法

実は、AGAを自力で改善する方法もあります。自力でAGAを改善する方法は、以下の2つです。

  1. 市販の発毛剤を使う
  2. 日頃の生活習慣を見直す

治療費用抑えたい方や定期的に通院する手間を省きたいという方は、自力でAGAの改善を図るとよいでしょう。ただ、ここで紹介する改善方法は、効果が不十分だったり、確実性がなかったりします。紹介する方法を試したからといって、必ずAGAが改善されるわけではないことを理解しておいてください。

市販の発毛剤を使う

市販の発毛剤を使用することは、AGAを改善する方法の1つです。AGAの治療効果がある3つの治療薬のうち、「ミノキシジル」は第一類医薬品としてドラッグストアや薬局で購入することができます。

主にミノキシジルを含んだ発毛剤として販売されていることが多く、AGAの改善効果があることから利用している方も多いです。ドラッグストアや薬局で購入した場合は、「医薬品副作用被害救済制度」の対象となるため、副作用が起きても治療費の給付を受けることができます。

ただ、AGA改善効果の高いミノキシジルを含んだ発毛剤を購入しても前述のとおり、AGAの進行度によっては効果が得られません。そのため、購入する前に自身の進行度を把握しておくことが大切です。

プロペシア錠はドラッグストアなどでは購入できませんが、ネット通販などを利用し、海外から個人輸入で購入が可能です。しかし、詐欺や粗悪品、偽物が送られてくる可能性もあり、薬の知識がない場合は正しいものか判断できないため、リスクが高い方法となります。副作用が起きても「医薬品副作用被害救済制度」の対象にはならないので注意が必要です。

MEMO

【医薬品副作用被害救済制度とは?】
医薬品の副作用で患者が入院や死亡したなど、重篤な症状が出た場合に独立行政法人医薬品医療機器総合機構が救済給付を行う制度のこと。

参考:コトバンク

発毛剤と育毛剤って何が違うの?結局どちらを使うべきかまで解説

日頃の生活習慣を見直す

AGAを改善したい場合は、改善効果のある発毛剤を使用するよりも、日頃の生活習慣を見直すようにしましょう。日頃の生活改善を見直したい場合は、以下の3つを意識することが大切です。

  1. 食事
  2. 睡眠
  3. 運動

発毛を促進するためには、栄養バランスを意識した健康的な食事が欠かせません。髪の毛の主成分はタンパク質ですので、意識的に摂取するようにしましょう。

また、タンパク質を生成するための栄養素である亜鉛やビタミンなどを摂取することも大切です。一方で、塩分や脂肪分、糖質は頭皮環境の悪化を招き、発毛促進を妨げるため、過剰摂取には注意する必要があります。

質の良い睡眠を取ることで、成長ホルモンが分泌されますが、成長ホルモンの分泌は「IGF-1」と呼ばれる物質の生成につながります。「IGF-1」は血行改善など、健康な頭皮環境には欠かせない物質ですので、質の良い睡眠をしっかりと取ることが大切です。

運動も血行改善につながる他、気分転換によるストレス発散効果があります。ストレスは自律神経の乱れによる血行不良やホルモンバランスの乱れにつながり、AGAが進行する原因の1つです。運動を習慣化することも、AGAを改善するには欠かせません。

AGAは”早期治療が大切!悩まず医師に相談しよう

これまで、AGA治療の概要や治療するメリット・デメリット、自力でAGAを改善する方法についてお伝えしてきました。本記事をまとめると、下記のとおりです。

  • AGA治療には様々な治療方法がある
  • AGAの治療をすれば、AGAかどうか確認でき最適な方法で治療できる
  • 早めに治療すると効果が高い
  • 治療薬ごとに副作用が出る可能性があり、治療費用がかかる
  • ミノキシジルを含んだ市販の発毛剤は効果がある

AGA治療には様々な治療方法がありますが、それらの治療方法はすべてAGAに効果があるものです。脱毛症にはAGA以外にも様々な種類があるため、自身の薄毛がAGAかどうか確認したうえで治療しなければなりません。

しかし、AGAは放置していると進行してしまい、末期症状になると治療効果を得られない可能性があります。「AGAかな?」と感じたら、まずはAGAクリニックに相談しましょう。

AGAクリニックの選び方とは?通院を決める前に検討すべきポイントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です