AGAの治療方法を分かりやすく解説。成功するためのポイントも紹介

「AGAで病院に通おうか迷っているけど、費用はどれくらいかかるの?効果はあるの?」と、なかなか治療に踏み切れず、悩んでいる方はいませんか?

結論から言うと、 AGAの治療は早期治療が最も大切なので、すぐに専門医に相談することがおすすめです。とはいっても、全体の治療内容やかかる費用についてあらかじめ知っておきたいですよね。そこで本記事では、AGAの治療にまつわる基礎知識をお伝えしていきます。

記事を読んで分かること

  • そもそもAGAの治療ができる病院はどこか
  • 実際の治療ではどんなことをするのか
  • AGAの治療では大体いくらの費用が必要なのか
  • 治療を成功させるための事前準備やポイント

この記事を読めば、AGA治療のメリットやデメリットが整理でき、いますぐ治療に踏み切るべきか検討しやすくなります。ぜひ最後まで読み進めてください!

AGAの治療ができる期間は大きく分けて2つ

AGA治療を検討している人が最初に悩むポイントは、「いったいAGAの治療は何科の病院にかかればいいの?」という点ですよね。AGAは大きく分けて、以下2つの手段で治療が可能です。

  1.  皮膚科で治療する
  2. AGAクリニックで治療する

上記2つには治療できる内容や特徴に違いがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、最終的にはご自身の治療目的によって、病院を選択することおすすめです。それでは、1つずつ解説していきます。

皮膚科でAGAを治療する

AGAの治療ができる1つ目の機関は、皮膚科です。全国各地どこにでもある皮膚科で、基本的な治療を受けることができます。ただし、抜け毛を抑制するための治療を受けられる一方で、発毛を促進する治療を受けることはできないので注意しましょう。

具体的に皮膚科が採用している治療内容は、投薬治療です。使用しているおもな処方薬は以下の3つです。

  1. プロペシア(成分:フィナステリド)
  2. ミノキシジル
  3. ザガーロ(成分:デュタステリド)

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版によれば、上記の3点は「AGA治療に最適」と、使用を推奨されている治療薬です。

皮膚科では最も一般的である投薬治療が可能ですが、メソセラピーや植毛といった治療方法は採用していません。予防・現状維持の段階であれば、皮膚科でも対応可能かもしれませんが、AGAが進行している場合は皮膚科だけでは対応しきれない可能性があります。

MEMO

メソセラピーとは、薬剤成分を注射器などで頭皮に注入する治療法のことです。

また、AGAの治療はどの病院にかかっても保険が適用されません。理由としては、AGAが日常生活を送る上で治療が必要不可欠な病気とみなされていないからです。皮膚科を受診したからといって、全額保険適用されるわけではないので注意しましょう

【まとめると…】

  • 皮膚科でも基本的なAGA治療(投薬治療)は可能
  • 皮膚科だからといって保険が適用されるわけではない
  • 「近くにAGAクリニックがない方」や「発毛治療は検討していない方」は、皮膚科への受診がおすすめ!
AGAを皮膚科で治療した場合の効果とは?具体的な治療内容や特徴を解説

AGAクリニックでAGAを治療する

AGA治療ができる2つ目の機関が、AGAクリニックです。

AGAの治療を専門とした機関であるため、基本的な投薬治療から自毛植毛などの応用的な治療までおこなうことができます。皮膚科と違って、抜け毛を抑制するだけでなく、積極的に発毛を促進する治療が可能です。自身の目的や予算に合わせて治療の方針を選択できることは、AGAクリニックの大きなメリットでしょう

結果的に、本気でAGAの治療を検討しているなら、AGAクリニックでの治療をおすすめします。その理由が以下の2つです。

  1. 症状や要望に合わせて、その人に最適な治療を選んでくれるから
  2. 専門性や実績があるため、安心して相談できるから

AGAの知見を持った専門医が悩みを聞き分けて、その人にとって最適な治療方針を選択します。皮膚科や美容外科とは違い、治療の選択肢が多いことが強みとなります。さらに、不安に思ったことや疑問をぶつけても、専門医が的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

最後に、AGAクリニックは首都圏に店舗を構える機関が多く存在するため、お住まいの地域から通える範囲かどうかは検討材料です。ただし、現在はオンライン診療を実施しているクリニックもあります。「近くになくて通えないけど、どうしてもAGAクリニックを受診したい」という方は、オンラインでの診療を検討しましょう。

【まとめると…】

  • AGAクリニックの強みは、圧倒的な専門性と幅広い治療の選択肢。
  • AGAを本気で治療したいなら、AGAクリニックがおすすめ。
  • 通えるかは検討材料だが、オンライン診療を実施しているクリニックもある。

AGAの具体的な治療方法とは

AGAの基本的な治療方法について紹介します。本記事で紹介する治療方法は、以下の3つです。

  1. 薬剤治療
  2. 注入薬
  3. 植毛

どの治療方法を選択するかは、AGAの進行具合やどの病院で治療するかによっても変わります。それでは1つずつ詳しく解説していきます。

投薬治療

最も一般的な治療方法は、投薬治療です。前述したように、治療薬は皮膚科でもAGAクリニックでも処方してもらうことができます。さらに処方される薬は、大きく以下の2つに分けることができます。

  1. 内服薬
  2. 外用薬

内服薬による治療が最も一般的ですが、薄毛が気になる箇所に直接塗布する外服薬も使用します。治療方針によっては、内服薬もしくは外用薬のみ、内服薬と外用薬を併用する場合があります。

それぞれどのような状況で処方されるのか、具体的にどのような薬が処方されるのかを、詳しく解説していきます。

内服薬を使用する

内服薬で使用する処方薬は、さらに以下の2つのタイプで分類することができます。

  • 抜け毛を防ぐタイプ
  • 発毛を促進するタイプ

具体的な治療薬の種類を上記のタイプ別に分類した表がこちらです。

タイプ 具体的な治療薬の名前
抜け毛を防ぐタイプ プロペシア、ザガーロ、アボルブ
発毛を促進するタイプ ミノキシジル、ロゲイン、アロビックス

症状にもよりますが、2つのタイプを併用することで高い効果が得られます。現代ではAGAが進行している場合、プロペシアやザガーロで抜け毛を抑制しつつ、ミノキシジルで発毛を促進することが、標準治療となっています。

外用薬を使用する

AGAの治療で外用薬を使用する場合は、ミノキシジルの処方が一般的です。発毛を促進する効果のあるミノキシジルを、頭皮に直接塗布することで薄毛に高い効果があることが証明されています。

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版によれば、治療効果は最高ランクのA評価です。

ただ、外用薬としては推奨度の高いミノキシジルですが、内服薬としては使用するべきではないとされています。こちらも日本皮膚科学会のガイドラインで、推奨度はDと評価されています。ミノキシジル内服薬は市販で購入することが可能ですが、安易に使用するのは絶対にやめましょう。

注入薬

2つ目に紹介する治療方法は、注入薬による治療です。髪の成長に良い影響がある薬剤を注入し、栄養を頭皮に直接届けることができます。

投薬治療は体内に取り込まれた成分を血液で頭皮に届けるのに対し、注入薬は血液で運ぶプロセスが省略できることが特徴です。注入薬による治療は、一般的に以下の2つの方法があります。

  1. メソセラピー療法
  2. HARG療法

どちらの療法も髪の成長を促す薬剤を頭皮に直接注入するという点では、変わりありません。2つの療法の大きな違いは、注入する成分の違いにあります。それぞれの成分内容は、下記の表の通りです。

療法名 注入する成分
メソセラピー療法 各クリニックがブレンドするオリジナル液
HARG療法 HARGカクテル

メソセラピー療法は各クリニックで注入する成分が異なるのに対し、HARG療法では全クリニック一定です。注入薬は、投薬治療と併用して使用することが一般的となっています。

治療費用が大幅にかかるため、注入薬を使用するかどうかは、医師と事前に相談しながら慎重に検討しましょう。

AGA治療薬は種類によって効果が違う?特徴や注意点を解説

植毛

3つ目に使用する治療法は、植毛です。植毛は薄毛が気になる箇所に毛髪を移植する治療法のことです。さらに植毛は、以下の2つの方法で分けることができます。

  • 自毛植毛‥自らの毛を薄毛の気になる箇所に移植する
  • 人工植毛‥人工毛を薄毛の気になる箇所に移植する

ただ、人工毛を植毛する療法は副作用の危険性が高いため、推奨されていません。日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版でも推奨度最低ランクのDとして評価されています。

植毛は大がかりな手術が必要となり、約50万〜100万円と高額な費用が必要となります。植毛を検討するなら、専門のクリニックで医師に相談しましょう。

AGA治療にかかる費用

AGA治療にかかる費用は、進行具合によっても大きく幅があります。費用の内訳はおもに以下の3つです。

  1. 診察代や検査費用
  2. 処方薬の費用
  3. 交通費など、その他の費用

実際に治療を進めていくと、どれくらい費用がかかるのかは気になるポイントですよね。それでは1つずつ詳しく解説していきます。

診察代がかかる

AGAの治療でかかる1つ目の費用は、診察代です。AGAに限った話ではないですが、医療機関に足を運べば、当然のように診察代がかかります。具体的な診察代は、クリニックによって差が出ますが、数千円ほどが平均的です。

AGAの治療は保険適用がされないため、通常の風邪で病院にかかるときよりも診察代が高くなる傾向にあります。さらに治療は長期間に渡ることがほとんど。数年単位で通うことを想定して、診察代をあらかじめ把握しておきましょう

さらに、AGAの治療を進めるには、事前に症状や体の状態を検査する必要があります。そのため、検査費用がかかることを忘れてはいけません。検査費用はクリニックによって無料で行っている場合もあるため、治療を検討しているクリニックをチェックしてみてください。

処方薬の費用がかかる

次に、AGAの治療では処方薬の費用がかかります。AGA治療のメインは投薬治療であるため、処方薬は最も高額な固定費です。

ただ、処方薬の費用はAGAの進行具合によって大きく変動します。というのも、予防・現状維持の段階である軽度の症状の人であれば、抜け毛を抑える薬だけで治療が可能です。一方、症状が進んでいる人であれば抜け毛を抑える薬に加えて、発毛を促進する薬が必要になります。

つまり、 AGAの症状が進行するほど複数の薬を必要とするため、費用が高額になりがちです。裏を返せば、早い段階で治療に踏み切れば、処方薬の費用は大幅に削減できるでしょう。「AGAかな?」と少しでも思ったら、早めにAGAクリニックに相談してみましょう。

以下の表は、AGA初期段階の方と進行している方の処方薬を比較した表です。参考にしてみてください。

症状の段階 必要な治療薬 1ヶ月の費用相場
軽度 脱毛抑制薬

ex)プロペシア

¥5,000ほど
中度〜重度 発毛促進薬

ex)ミノキシジル外用薬,ザガーロ

¥10,000〜¥20,000

交通費など、その他の費用がかかる

AGAの治療でかかる費用3つ目が、交通費やその他の費用です。交通費やその他の費用というのは、AGAの治療に直接かかわる料金ではありません。多くの方が見逃しがちなポイントですが、治療を始める前に必ず確認しておきましょう。

というのも、AGAを治療できる医療機関は限られているため、場合によっては遠方まで通う必要があります。宿泊が必要なほど遠方であればホテル代なども想定しておかなければなりません。

AGAの治療は長期に渡ることがほとんどです。通い続けると交通費やその他の費用がどれほどかかるか計算しておくことをおすすめします

ただ、最近はオンラインで診療ができるAGAクリニックが増えてきました。もちろん交通費はかからないため、「病院が遠すぎてAGAの治療を諦めていた」という方は、オンライン診療も合わせて検討してみましょう。

AGA治療の費用は一体いくら?安く済ませるためのポイントも解説

AGA治療を成功させるポイント

「AGAの治療って、しっかり成功するんだろうか?」と不安になる方も多いはずです。それもそのはず。高額の費用を支払っているのに、治療の効果が出なかったら悲しすぎますよね。

そこで本記事では、AGAの治療を成功させたいという人に知っておいてほしいポイントを紹介します。AGA治療を成功させるポイントは、以下の3つです。

  1. 早期の段階で治療に踏み切る
  2. 継続できそうかをあらかじめ判断しておく
  3. 自己判断で医学的根拠のない治療をしない

それぞれ詳しく解説していきます。

早期の段階で治療に踏み切る

1つ目のポイントは早期の段階で治療に踏み切ることです。AGAの症状は放っておくと、どんどん進行していきます。

AGAを発症してから数年が経ち、症状が大きく進行している場合は頭皮の発毛機能自体が弱まっている可能性が高いです。発毛機能が弱まった段階で治療を始めても、思ったように毛量を増やすことができなくなってしまいます。

さらに、AGAが進行している状態で治療に踏み切った場合は、早期段階よりも費用が高額になりがちです。具体的にいうと、初期であれば内服薬1種類で対応できるのに対し、症状が進行している場合は内服薬と外服薬を組み合わせた治療が必要になります。使用する治療薬が増える分、当然費用は高くなるでしょう。

AGAの早期治療は、費用面と効果面の両面で成功の大きなポイントとなります。「最近、抜け毛が増えてきたかも?」と思ったくらいの早めの段階で、AGAクリニックに相談しましょう。

継続できそうかをあらかじめ判断しておく

AGAの治療を本当に継続かできそうかをあらかじめ判断しておくことも、重要なポイントです。特に、以下の2点には注意が必要です。

  • 治療にかかる費用を継続して払うことができそうか
  • AGAクリニックに通いつづけることができそうか

AGAの治療は風邪で病院にかかるのとは違い、長期的に通院をし続ける必要があります。さらに言えば、継続して通院をしないと治療効果がまったく得られません。治療を開始して中途半端にやめてしまうことが一番もったいないので、長期的に治療し続ける覚悟を持つことも重要です。

治療費用が月にどれほどかかるのか、どれくらいの頻度で通院すればいいのかは、通院を検討している医療機関に確認しておきましょう

自己判断で医学的根拠のない治療をしない

3つ目のポイントは、自己判断で医学的根拠のない治療を選択しないことです。

近年、AGAの治療薬を使用したくないという患者をターゲットに、発毛サロンと呼ばれる治療方法が誕生しています。頭皮マッサージやシャンプーによって発毛や育毛を促進する治療法ですが、発毛効果が証明されていないのが現状です。

AGA治療を確実に行いたい方は、医学的根拠に基づいた治療をしてくるクリニックを選ぶようにしましょう。

AGA治療は正攻法を選択しよう!まずはお近くのクリニックに相談を

これまで、AGAはどのように治療するのか、どれほどの費用が必要なのか、治療する前にチェックすべきポイントについてお伝えしてきました。本記事をまとめると、下記の通りです。

  • AGAは、皮膚科もしくはAGAクリニックで治療できる
  • おもな治療方法は、薬剤治療・注入薬・植毛の3種類
  • AGAの治療費用は高額になりがちで、事前に金額を想定しておくことが必要
  • 治療を成功させるためのポイントがあるが、最も大切なのは早期治療

AGAの治療方法は、多岐にわたるため一般の方が自己判断で選択することは難しいです。症状の進行具合や体質は人によってさまざまであるため、それぞれに適した治療方法を慎重に選択することが重要となります。

とはいっても、AGAは進行性であり早期に治療することが最も肝心です。確実に、そして最適な治療方法を選択したいなら、AGAクリニックへの受診をおすすめします。治療を開始するかどうかは別として、「抜け毛が気になり始めたな」と思うくらいの段階で一度AGAクリニックに相談してみましょう。

AGAクリニックの選び方とは?通院を決める前に検討すべきポイントを紹介
当サイトのイチオシ!

AGAスキンクリニック/迷ったらココ!全額返金保証あり!

広告画像AGAスキンクリニックは提携院を合わせ全国に60院以上を展開し、これまで33万人以上のAGA治療や相談に携わってきました。AGAスキンクリニックはその名のとおり、AGAに特化した専門クリニックで最先端のAGA予防や治療を幅広く提供しています。多くの方が通院しているAGAスキンクリニックでは、99.4%の方が発毛を実感されたという実績があり信頼度も高い印象です。AGAスキンクリニックでは医師の診断をもとに自分に合った最適な治療プランの選択が可能となっており、『予防プラン』としてAGA治療薬の処方が初診のみ月々3,700円~から始められるプランもあるので、これまでAGA治療を受けることに慎重だった方や不安をお持ちの方でも安心です。またAGAスキンクリニックの院内では、カウンセリングから会計までを完全個室にて行うので人目を気にせず気軽に足を運べますし、夜は22時まで診療を行っているためお仕事のあとでも通院が可能です。さらにはビデオ通話を使ったオンライン診療を導入しており、来院不要でお薬が受け取れるので便利です。
AGAスキンクリニックのおすすめポイント
1 通院は1~2ヶ月に1回程度でOK
2 オンライン診断で頭皮の診察と検診ができる
3 初期費用(初診料、カウンセリング、血液検査)0円!
4 全額返金制度あり
5 全院個室・完全予約制

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。