薄毛を予防するには睡眠がカギ。良い睡眠をとるための基礎知識やポイントを解説

規則正しい生活習慣は体にいいだけでなく、薄毛にも関係しています。

睡眠は時間だけではなく、「質」の改善も大切です。薄毛や抜け毛が気になっているならば、食生活やヘアケア以外にも、睡眠改善にも気を配ってみましょう。

今回は、睡眠と薄毛が大きく関係性しているという根拠や、薄毛対策に有効な良い睡眠をとるための4つのポイントなどを紹介していきます。

記事を読んで分かること
  • 睡眠の基礎知識
  • 睡眠と薄毛が大きく関係性しているという根拠
  • 薄毛にまつわる睡眠のよくある疑問
  • 薄毛対策に有効な良い睡眠をとるための4つのポイント

育毛だけでなく肌にも健康にもいい睡眠が、AGAが喫煙と関係していることを理解しましょう!

睡眠の基礎知識

人間の体は睡眠をとることで、生命活動のためのエネルギーをたくわえる仕組みを持っています。睡眠が不足すると、体や髪にダメージが蓄積され、結果的に薄毛を引き起こしてしまうのです。

まずは、そもそもそもそも睡眠のメカニズムとどんなものか理解するところからスタートしましょう。ここでは、以下の2つのポイントごとに解説していきます。

  • そもそも睡眠のメカニズムとは?
  • 睡眠の役割とは?

それでは、詳しく見ていきましょう。

そもそも睡眠のメカニズムとは?

睡眠は、性質の異なる2つの睡眠によって成り立っています。

  • ノンレム睡眠:脳や身体の細胞を回復させる「深い眠り」
  • レム睡眠:記憶の整理や固定をおこなう「浅い眠り」

それぞれ私たちが健康的に過ごすための重要な役割を担っています。睡眠のサイクルは約90分ごとに繰り返されており、一晩に3〜5回繰り返されます。この2種類のうち、髪の成長に必要なホルモンが発生するのは、ノンレム睡眠のサイクルです。

成長ホルモンは寝入ってから3時間以内に分泌が始まり、そしてこの3時間以内が最も髪にとって有効な時間とされているのです

この時間の睡眠の質が髪の健康を大きく左右するといってもいいでしょう。

発毛に対する睡眠の役割とは?

髪の成長や頭皮の新陳代謝・修復には、上記で説明した成長ホルモンが関わっています。睡眠不足になると、成長ホルモンが十分に分泌されずに健康な髪が育たなくなります。

また、育毛の要である毛母細胞の細胞分裂活動も十分に行えなくなり、頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛の状態となってしまうのです。

AGAの進行を防ぐには、薄毛・抜け毛を専門としているAGAクリニックでの治療がオススメです。AGAクリニックでは、初回は無料でカウンセリングを受けられることがほとんどです。症状が進行してから後悔しないよう、「髪の毛が薄くなってきた…」と感じたら、まずはAGAクリニックに相談してみましょう。

睡眠と薄毛が大きく関係しているという根拠

睡眠のメカニズムについて分かったことで、成長ホルモンは睡眠中だけ分泌されるということも理解できたと思います。

ここからは、睡眠と薄毛が大きく関係性しているという根拠について確認していきます。

  • 根拠1:睡眠で分泌される成長ホルモンは育毛に作用するから
  • 根拠2:疲労やストレスによって血流量が抑制されるから

これらの2つのポイントごとに解説していきます。

睡眠不足が薄毛の原因となる理由を知るため、それぞれ詳しく見ていきましょう。

根拠1:睡眠で分泌される成長ホルモンは育毛に作用するから

1つ目の根拠が、「睡眠で分泌される成長ホルモンは育毛に作用する」ということです。健康な髪を維持するための成長ホルモンが分泌されると、IGF-1という物質が生成されます。IGF-1とは、「インスリン様成長因子1」とも呼ばれ、健康な髪が生えるために最も重要とされています。

IGF-1には、次のような働きがあります。

  • 毛包の細胞の増殖
  • 毛周期における成長期の促進
  • 血行改善
  • 髪のタンパク質量の増加
  • 抗炎症作用

毛母細胞の増殖促進に効果があるということは、健康な髪をつくって健やかな頭皮環境を維持できるということです。

つまり、成長ホルモンが分泌されずIGF-1が生成されなければ、髪の成長に必要な栄養素が生成されないということなのです

根拠2:疲労やストレスによって血流量が抑制されるから

睡眠は、疲れの解消やストレス軽減にも作用します。不眠・質の悪い睡眠を取り続けると「血流の悪化」「身体機能の低下」が引き起こされます。

  • 疲労:自律神経が乱れて血流が悪くなる
  • ストレス:ホルモンバランスの乱れを引き起こす

自律神経のバランスが乱れることよって、血流量が抑制されてしまいます。

血流量が減少した結果、髪に十分な酸素や栄養が運ばれなくなってしまい、毛髪を作る毛母細胞に栄養が届きにくくなり、発毛が阻害されるおそれがあります

睡眠不足により、薄毛や脱毛などが進行してしまうのはこのためでもあるのです。

薄毛にまつわる睡眠のよくある疑問

睡眠不足は、人体に対していい影響を与えません。

身体の中と同じように、頭皮や髪にも悪影響をもたらすのです。頭皮環境の悪化はヘアサイクルの乱れに直結し、髪が健康に育たず、短い・細い状態で抜け落ちてしまいます。

ここでは、薄毛と睡眠不足についての疑問を以下で細かく解説していきます。

  • 疑問1:AGA治療の副作用で睡眠障害を発症する?
  • 疑問2:寝るときに髪の毛を結ぶと脱毛につながる?
  • 疑問3:一番髪の毛の生えやすい時間帯は?

それぞれチェックしてみてくださいね。

疑問1:AGA治療の副作用で睡眠障害を発症する?

結論から言うと、AGA治療の副作用で睡眠障害を発症することは「ありません」

たしかに、AGA治療薬の使用(フィナステリド 商品名:プロペシアやミノキシジル)によって副作用が起こる可能性はあります。

【AGA治療薬の使用によって起こりうる副作用】

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 倦怠感
  • 血圧低下
  • 息切れ・呼吸苦
  • むくみ・体重増加

上記からわかるように、副作用の中に睡眠障害はありません。加えて、これらの副作用が生じる可能性は1~5%である上、勃起機能不全は0.1〜0.2%と極めて少なくなっています。

副作用が起きた場合は薬の使用を中止すれば症状は改善しますし、薬を変えての継続治療も可能です。

疑問2:寝るときに髪の毛を結ぶと脱毛につながる?

特に女性に多いと思いますが、髪を結んだまま寝る方や、エクステンションをつけている方で、髪を三つ編みにして眠る方がいらっしゃると思います。それが髪に悪いかもと思っている方もいるでしょう。

実は、寝るときに髪の毛を結ぶと脱毛につながるという疑問の答えは、「イエス」ですAGAではありませんが、「牽引性脱毛症」という脱毛症になりやすくなってしまいます。

髪を結んでいるということは、その時間は常に髪が引っ張られているということです。髪が引かれていると、頭皮へ負担がかかります。蓄積されていく頭皮へのダメージによって髪に栄養が届きにくくなり、抜け毛の増加や薄毛の悪化につながるのです。

就寝時に髪を結ぶと、寝ている間常に頭皮がダメージを受けてしまい、負担がかかりやすくなるため、控えるのが望ましいでしょう。

疑問3:一番髪の毛の生えやすい時間帯は?

睡眠中、一番髪の毛の生えやすい時間帯というのが存在します。それは、22時~2時の間です

成長ホルモンは睡眠中に分泌されるというのはお伝えしたとおりです。この成長ホルモン分泌量が最も上昇し、毛母細胞に届いて細胞分裂がピークになる時間帯が、22時から2時の4時間なのです。この時間に眠っていれば、成長ホルモンが最大限に分泌されるといわれています。

ただ、社会人の方は、22時に就寝するのは難しいでしょう。そんな方は、睡眠サイクルを整えて入眠3時間を熟睡するのがおすすめです。規則正しい睡眠習慣を心がけて睡眠リズムを整えると、良質な睡眠を取れますよ。

薄毛対策に有効な良い睡眠をとるための4つのポイント

睡眠は長く寝ればいいというわけではありません。むしろ、だらだら寝ることは体にもあまりよくないとされているのです。睡眠は、時間の長さだけでなく「質」にこだわる必要があるのです。

薄毛対策に有効な良い睡眠をとるためには、ポイントを4つ押さえておきましょう。

  • ポイント1:入浴は就寝の2時間前までに済ませる
  • ポイント2:日々の睡眠リズムを一定に保つ
  • ポイント3:睡眠環境を整える
  • ポイント4:カフェインを18時以降に摂取するのは控える

薄毛改善のためには、自分に合った対策を講じることで改善していくことが大切です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ポイント1:入浴は就寝の2時間前までに済ませる

入浴は就寝する2時間前に済ませましょう。ヒトの身体は、体内深部の温度が低下することで睡眠欲が上がりますので、入浴によってあたためられた体が2時間で適度に下がることで自然な眠気を誘発できるためです。

体をリラックスさせるには、高温の湯船に入るより、ぬるめの水温がおすすめ。お気に入りの入浴剤やバスソルトを入れるのもいいですね。15〜20分入浴することで体を芯から温められ、スムーズに眠りにつきやすくなります

ポイント2:日々の睡眠リズムを一定に保つ

  • 起きて疲れがとれていない
  • 頭がスッキリしない
  • 眠くて仕方がない

以上の3つの項目に当てはまる方は、規則正しい睡眠習慣ができていない可能性があります。睡眠は適切な睡眠時間を保ち、睡眠リズムを整えることで質が上がるといわれています。

適切な睡眠時間は年齢や体調によって変わりますが、睡眠リズムを一定に保つ重要さはどの年代でも変わりません。起床時間を揃えて睡眠時間を一定に保つことで、日中の眠気がおこりにくくなりますよ。

また、自分にあった睡眠時間をとると、上質な睡眠により副交感神経の活動効率が上がります。その結果頭皮や髪がきちんと休息でき、短期間で髪を増やせるようになるでしょう。

ポイント3:睡眠環境を整える

深い眠りが妨げられて頭に流れる血流が十分にならないと、髪をつくるための栄養が足りなくなります。ぐっすり眠るためには、良質な睡眠を得られる環境を整えることも大切です。

  • 寝苦しい寝具や服装を避ける
  • 騒音や振動のある場所で眠らない
  • 体に合った枕を使う
  • 就寝の2時間前はスマホやパソコンの使用を控える

以上のように睡眠環境を整えることで、自然な眠りにつけるようになります。

特に、肩コリや疲れが残っている方は、血行が悪い証拠です。薄毛に悩む方で肩こりがひどいなら、血行不良により抜け毛が増えている可能性もあります。自分に合った枕に変えることが良質な睡眠の一歩になるかもしれません。

また、スマホやパソコンを常に見ている方も注意が必要です。

睡眠をつかさどるメラトニンというホルモンがブルーライトの明るい光で抑制され、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするためです。

睡眠の質を低下させないよう、できるだけ就寝の2時間前はスマホやパソコンの使用を控えるようにしましょう。

ポイント4:カフェインを18時以降に摂取するのは控える

カフェインには神経を興奮させる作用がありますから、良質な睡眠を妨げてしまいます。夕食後にコーヒーなどが飲みたい場合は、ノンカフェインのものにしましょう。

質のいい睡眠に効果的なハーブとして、バレリアンやレモンピールがおすすめです。

寝酒が癖になるといけませんので、睡眠前はノンアルコールが良いでしょう。電子レンジで軽く温めて飲む「ノンアルコールホットワイン」は、寒い季節にあたたまりますし、リラックス効果もあるので、おすすめです!

睡眠の質を上げて薄毛対策を!確実に進行を抑えたいならAGAクリニックに相談しよう

これまで、睡眠と薄毛が大きく関係性しているという根拠や、薄毛対策に有効な良い睡眠をとるための4つのポイントなどをお伝えしてきました。

本記事をまとめると、下記の通りです。

  • 睡眠は、性質の異なる2つの睡眠によって成り立っている
  • 睡眠で分泌される成長ホルモンは育毛に作用する
  • 規則正しい睡眠習慣を心がけて睡眠リズムを整えると発毛効果につながる
  • 質のいい睡眠をとりながら治療をすることでAGAは改善する
  • しっかりと発毛・育毛したいなら、AGAクリニックに相談してみる

薄毛にお悩みの方は、成長ホルモンの分泌に必要な質のいい睡眠を意識することが大切です。成長ホルモンをしっかり分泌させて十分な育毛効果を得るには、最低でも4時間以上の良質な睡眠をとるようにしましょう。

気になる症状がある場合は、ぜひ気軽にFAGA診療が可能な薄毛専門のクリニックに問い合わせ・資料請求してみましょう!

AGAクリニックの選び方とは?通院を決める前に検討すべきポイントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です