【実例紹介】AGAの対策には普段の食事が肝心。オススメの食習慣やNGな食習慣を解説

「食事の改善がAGA対策におすすめって聞いたけど、なぜおすすめ?ポイントってあるの?」

そんな悩みを抱えていませんか?栄養バランスのとれた食事は、AGAの対策に有効です。

しかし、よかれと思ってやっていることが、AGAの原因となっている場合もあり、食事の改善をする際は、しっかりとした知識を身につけておかなければなりません。

そこで本記事では、AGA対策で知っておくべき食事の改善ポイントを解説していきます。

記事を読んで分かること
  1. 食事の改善がAGAの対策におすすめな理由
  2. 髪の毛に必要な栄養素
  3. AGAの原因となるNGな食習慣
  4. 食事以外にAGAの対策に効果がある生活習慣

この記事ではAGAの対策を効果的におこないたい方のため、食事改善や生活習慣のコツを解説していきます。ぜひ最後まで読み進めてください!

食事の改善がAGAの対策におすすめである理由

AGAの対策をしたいけど、クリニックに行くほどじゃないという方におすすめなのが食事の改善です。

なぜ、食事の改善がAGA対策におすすめなのか気になる方も多いでしょう。そこで、AGAを対策したい方に向けて、食事の改善がAGA対策におすすめである理由を紹介していきます。

食事改善がAGA対策におすすめである理由は、以下の2つです。

  1. 頭皮や髪の毛まで栄養を届けるはたらきがあるから
  2. 身近ですぐに改善できる生活習慣の一つだか

それぞれ詳しく解説していきます。

頭皮や髪の毛まで栄養を届けるはたらきがあるから

食事改善をすれば、頭皮や髪の毛まで栄養を届けることができるため、AGA対策につながります。

AGAの対策ができる食材は今のところ発見されていませんが、AGAが進行する理由の1つに栄養がかかわることは間違いありません。

というのも、髪の毛は細胞分裂によって成長します。ただ、食生活が乱れ栄養不足に陥ってしまうと、必要な栄養が届かず、髪の毛が育ちません

食事改善をおこなって必要な栄養素をとれると、頭皮や髪の毛に栄養を届かせることができ、AGA対策がおこなえます。

身近ですぐに改善できる生活習慣の一つだから

身近ですぐに改善できる生活習慣であることも、AGA対策に食事改善がおすすめの理由です。

代表的なAGA対策といえば、AGAクリニックで治療を受けることです。ただ、クリニックで治療を受けようとすると平均月1回通院する必要がありますし、治療費用もかかります。

ある程度、生活に余裕がないと治療を続けられないため、誰でもすぐに実践できる方法ではありません。

しかし、食事の改善は思い立てばすぐに実践できるAGA対策ですよね。

AGA対策をするなら意識したい正しい食事摂取のポイント

食事の改善によってAGAの対策をするためには、正しい食事摂取のポイントを意識することが大切です。

AGA対策をする際に意識しておきたい食事摂取のポイントは、以下の3つです。

  1. 髪の毛の成長に必要な三大栄養素を積極的にとる
  2. よく噛んでゆっくり食べる
  3. 毎日ある程度決まった時間に食事をする

それぞれ詳しく解説していきます。

髪の毛の成長に必要な三大栄養素を積極的にとる

AGA対策のために食事を改善する場合、ただやみくもにバランスのよい食事を摂取しても意味がありません。

髪の毛には成長に必要な三大栄養素と呼ばれるものがあります。AGAの対策をおこなうためには、三大栄養素を積極的にとる必要があります。

髪の毛の成長に欠かせない栄養素は、以下の3つです。

  1. タンパク質
  2. ミネラル
  3. ビタミン

それぞれ詳しく解説します。

タンパク質をとる

「タンパク質」をとるようにしましょう。タンパク質は髪の毛の主成分であり、髪を生やすためには欠かせない栄養素です。

特にタンパク質を構成しているアミノ酸のうち、9種類の必須アミノ酸は体内で作り出すことができません。そのため、食事などから意識的に摂取する必要があります。

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。

動物性タンパク質とは、肉や魚、乳製品など動物性の食べ物からとれるタンパク質です。

代表的な食品は以下の通り。

  • 鶏むね肉
  • レバー
  • 牡蠣
  • チーズ

動物性タンパク質は、人に近いアミノ酸組織をしており、必須アミノ酸もバランスよく含まれています。髪の毛や筋肉などを生成したい場合に最適な食材といってよいでしょう。ただ、余計な脂肪もとってしまうデメリットがあります。

植物性タンパク質は、植物性の食べ物からとることができるタンパク質です。

代表的な食品は以下の通り。

  • 豆腐
  • 納豆
  • おから
  • えんどう豆

ヘルシーなタンパク質のため、脂肪になりにくいものの、動物性タンパク質よりアミノ酸を摂取しにくいといわれています。

そのため、どちらか一方をとるのではなく、動物性・植物性タンパク質をバランスよくとることが大切です。

ミネラルをとる

ミネラル(亜鉛)もとるようにしましょう。

ミネラルは髪の毛の主成分であるタンパク質を合成させたり、アミノ酸を再合成して髪の成分である「ケラチン」を生成したりする作用があります。そのため、髪の毛には欠かせない栄養素です。

しかし、ミネラルは一般的な食事ではとりにくく不足しがちな栄養素であるため、意識してとらなければなりません。

ミネラルをとることができる代表的な食品は、以下のとおりです。

  • 牛もも肉
  • 卵黄
  • 生牡蠣
  • チーズ
  • 海苔

普段、ミネラルの摂取を意識していない方はこの機会に意識してみてください。

ビタミンをとる

AGAの対策にはビタミンをとることも大切ですが、ビタミンの性質を理解していないと逆に抜け毛や薄毛を進行させてしまうため、注意しなければなりません。

AGA対策に効果的なビタミンは、ビタミンB群やビタミンE、ビタミンAです。ビタミンB群はB1やB2、B16などがあり、タンパク質を分解してアミノ酸をとりこむ手助けをしてくれます

ビタミンB群をとることができる代表的な商品は、以下のとおりです。

  • 豚肉
  • レバー
  • バナナ
  • 納豆
  • 乳製品

ビオチンは髪の毛の新陳代謝を活性化や頭皮の毛細血管を太くすることで血行を促進してくれるため、髪の毛の健康維持につなげられます。

ビオチンをとることができる代表的な商品は、以下のとおりです。

  • ナッツ
MEMO

ビオチンとは、ビタミンB群に属する水溶性のビタミンです。オランダの研究者ケーグルが、酵母の増殖に必要な因子として発見し、ビオチンと名づけられました。

参考:ビオチンとは?

ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれるはたらきがあり、頭皮の乾燥を防ぐことができます。

ビタミンAをとることができる代表的な食品は、以下のとおりです。

  • にんじん
  • ほうれん草
  • かぼちゃ

ただ、ビタミンAは過剰に摂取してしまうと、頭皮の硬化を招き、薄毛や抜け毛につながってしまいます。とりすぎには注意しましょう。

よく噛んでゆっくり食べる

AGA対策のために意識しておきたい食事のポイントは、「よく噛んでゆっくり食べる」ことも挙げられます。

髪の毛に欠かせない栄養素を含んだ食品をとっても、よく噛まずに早食いしてしまうと胃や腸に負担を与えてしまいます。胃や腸に負担がかかると、上手に栄養素を取り込むことができません。必要な栄養素を取り込めないと髪や頭皮に栄養が行き渡らないため、AGAの進行につながります

また、しっかりと噛むことでストレス物質が減少し、ストレスを抑制できます。そもそもストレスはAGAの原因ともいわれています。よく噛めば、AGAの原因であるストレスを断ち切ることにもつながるでしょう。

毎日ある程度決まった時間に食事をする

毎日ある程度決まった時間に食事するようにしましょう。

食べる時間が毎日バラバラだったり食事を抜いたりすると、身体の生活リズムが乱れ、必要な栄養素を正しく摂取することができません

身体への負担を減らして、栄養素をとるためには、毎日ある程度決まった時間に食事することが大切です。

ただ、あまり時間を意識しすぎるとストレスを抱える可能性もあります。かえってAGAを進行させてしまう恐れがあるため、シビアになりすぎないようにしましょう。

AGAを引き起こす原因となるNGな食習慣

AGAを引き起こす原因となるNGな食習慣についても理解しておかなければなりません。

AGAを引き起こす原因は、以下の3つです。

  1. 高カロリーで脂肪分の多い食事ばかり摂取している
  2. 必要な栄養が摂取できていないほど過度なダイエットをおこなっている
  3. 寝る直前に重い食事をとっている

それぞれ詳しく解説します。

高カロリーで脂肪分の多い食事ばかり摂取している

高カロリーで脂肪分の多い食事ばかり摂取することは、AGAを引き起こす原因の一つです。

例えば、ラーメンやファストフード、揚げ物など惣菜や外食中心の食事は、血液がドロドロとなってしまい血行不良が進行します。血行不良が進行すると頭皮環境の悪化を招き、AGAを引き起こすため注意しましょう

また、脂肪分のとりすぎは皮脂の分泌を招き、こちらも頭皮環境を悪化させて、AGAを引き起こします。

必要な栄養が摂取できないほど過度なダイエットをおこなっている

必要な栄養が摂取できないほどの過度なダイエットもAGAを引き起こす原因です。

髪の毛に欠かせない三大栄養素を摂取していないと、髪の毛が正常に発育されないのは前述のとおりです。

また、過度な脂肪や糖質、カロリー摂取は控えなければなりませんが、極端に制限してしまうのもよくありません。極端に制限すると、髪が細くなったり、ツヤがなくなったり、抜け毛が増加したりなど、かえって頭皮環境の悪化を招くからです

AGAの対策をするならば、過度に制限せずバランスのよい食事でダイエットをおこなわなければなりません。

寝る直前に思い食事をとっている

栄養バランスのよい食事だとしても、寝る直前に食事をするのはやめましょう。

寝る直前に食事をとると、消化のために血液が胃や腸に集中してしまい、酸素や栄養素を髪の毛や頭皮まで届けることができません

また、睡眠の質も低下してしまい、髪の毛や頭皮の成長を妨げてしまうなど、髪の発育に支障をきたしてしまいます。最低でも就寝の3時間前までには食べ終わるようにし、寝る直前には食事しないようにしましょう。

食事以外にAGAの対策ができる生活習慣

食事だけ意識してもAGA対策はできません。AGA対策するためには、食事以外の生活習慣も気を付けることも大切です。

食事以外にAGA対策できる生活習慣は、以下の3つです。

  1. 適切な睡眠時間を確保する
  2. 適度な運動をおこなう
  3. 適切なヘアケアをおこなう

それぞれ詳しく解説します。

適切な睡眠時間を確保する

AGA対策としては適切な睡眠時間を確保しておくことが挙げられます。適切な睡眠時間は人それぞれ違うともいわれていますが、平均6時間ほどは確保しておくことが大切です。

正しいサイクルで髪を発育させるためには成長ホルモンが必要不可欠です。ただ、成長ホルモンは深い眠りついていないと分泌されません。

深い眠りにつくためにも、しっかりと睡眠時間を確保するようにしましょう。また、成長ホルモンが1番多く分泌されるのは、午後10時~午前2時頃だといわれています。少なくとも、この時間帯は寝ておくことが理想的です。

薄毛を予防するには睡眠がカギ。良い睡眠をとるための基礎知識やポイントを解説

適度な運動をおこなう

適度な運動をおこなって汗をかくことで、DHTを生成する因子が汗と一緒に体外に排出される可能性があります

DHTとは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの1種です。DHTは毛母細胞のはたらきを弱めるため、AGAの原因といわれるホルモンです。

AGAの原因となるDHTの因子を排出されれば、AGAの対策につながるでしょう。また、ストレスの発散や成長ホルモンの分泌も促進されるため、適度な運動はAGA対策に効果的です。

【実例紹介】AGAの対策には運動が効果的。おすすめの運動方法を紹介

適切なヘアケアをおこなう

適切なヘアケアをおこなうことも大切です。

適切なシャンプーの方法や自分でできる簡単な頭皮マッサージを日々おこないながら、頭皮の健康を維持したり、血流をよくしたりするようにしましょう。

適切なヘアケアをおこなうことで、髪が発育しやすい環境を整備・維持することができます。

薄毛対策にシャンプーは効果ある?正しい使い方やおすすめ商品まで紹介

まずは食事の摂取方法を見直してAGAの対策をしてみよう!

ここまで、食事の改善がAGAの対策におすすめな理由と食事摂取のポイント、AGAを引き起こすNGな食習慣、食事以外でAGA対策できる生活習慣についてお伝えしてきました。

本記事をまとめると、以下の通りです。

  • 食事はすぐに改善できる生活習慣
  • 髪の毛に必要な栄養素はタンパク質・ミネラル・ビタミン
  • ビタミンの中でもAGA対策となるのがビタミンB群・ビタミンE・ビタミンA
  • よく噛めば栄養素を取り込みやすく、ストレスを抑制できる
  • 食事の改善以外にもAGAの対策ができる生活習慣はある

食事の改善は簡単に実践できるAGA対策です。しかし、必要な栄養素をただバランスよく摂取しただけでは意味がありません。

必要な栄養素を摂取していても、高カロリーで脂肪分が多かったり、寝る直前に食事をとったりすると、AGAが進行してしまうからです。そのため、効果の高いAGA対策をおこなうためには、食事の摂取方法など食生活を根本から見直すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。