AGAを皮膚科で治療した場合の効果とは?具体的な治療内容や特徴を解説

「AGAの治療を検討しているけど、どの病院に通うか迷う」
「AGA治療って皮膚科でできるの?」

そんな悩みを抱えて治療になかなか踏み切れない人は多いのではないでしょうか。

結論を言えば、AGA専門クリニックではなく皮膚科で、薄毛治療を受けることはできます。しかし、具体的な治療内容や特徴が皮膚科と専門病院ではまったく違うのです。

そこで今回は、皮膚科でAGAを治療した場合の特徴とはなにか、薄毛の専門病院と何が違うのかを徹底的に解説していきます。

記事を読んで分かること
  • 皮膚科でのAGA治療内容
  • AGAを皮膚科で治療するメリット・デメリット
  • 皮膚科でAGAを受診する際の注意点
  • 皮膚科とAGAクリニックの大きな違い
  • 皮膚科とAGAクリニックのどちらを選ぶべきかのポイント

本記事を読み終えれば、AGAクリニックと皮膚科の治療の違いが理解でき、どちらで治療をすべきかが明確になっているでしょう。ぜひ最後まで読み進めてみてください!

皮膚科ではAGAの基本的な治療ができる

内科や外科のようにあらゆる科でAGA治療が可能とされていますが、AGAを治療する専門の診療科は皮膚科です。

皮膚科ではベーシックなAGA治療ができ、治療法の種類は薬物療法がメインです。皮膚科で使用している薬を簡単に紹介します。

  • 抜け毛を抑える「プロペシア」や「フィナステリド」
  • 発毛と脱毛(抜け毛)の進行予防効果がある「ミノキシジル」
  • 薄毛の原因分子を増やさない効果がある「ザガーロ」

「薄毛の相談をしたいけれどAGA専門クリニックに足を運ぶのは抵抗がある」という方は、まずは皮膚科を受診するのがいいでしょう。

AGAを皮膚科で治療するメリット

抜け毛や薄毛の治療は、その原因によって受診すべき診療科が異なります。まずは、AGAを皮膚科で治療するメリットを3つ紹介します。

  • 病院数が多くて誰でも通いやすいから便利
  • ガイドラインに沿った確実な治療を受けられるから安心
  • 治療費用は比較的安く済むから経済的

皮膚科でのAGAの基本的な治療の特徴についても含めて、それぞれ詳しく見ていきます!

病院数が多くて誰でも通いやすい

皮膚科を受診するメリットとして、病院数が多く通いやすいことがあげられます。

一見単純なことですが、AGAは治療を長期間継続する必要があるため、通いやすい場所にあることはとても大切です

移動に長時間かかる、交通費が高額で通いにくい場所だと継続できないリスクが高まりますので、無理なく通えるかどうかは治療継続においても大きなポイントなのです。

一般の皮膚科では、3か月に1回程度というように通院頻度が低いのがメリットです。加えて病院数もAGA専門クリニックより多いので、誰でも通いやすいのがいいですね。

ガイドラインに沿った確実な治療を受けられるから安心

日本皮膚科学会では、各種皮膚疾患の診療ガイドラインを作成しています。これらのガイドラインは、我が国における最も標準的かつ最善と思われる診療を提示しようとするものです(参考:日本皮膚科学会)

日本皮膚科学会のガイドラインで、「推奨度A(最も薄毛治療に有効)」の評価を受けた薬剤は、下記の3種類だけです。

  • プロペシア®(フィナステリド、ジェネリックあり)の内服
  • ザガーロ®(デュタステリド)の内服
  • リアップ®(ミノキシジル)の外用

皮膚科では基本的にガイドラインに沿った診療を行いますから、診療にあたって安全な方法をとってくれるといえます。

しかしAGAクリニックの場合、場所によってはガイドラインで推奨されていない治療方法を採用しているところもありますので、ドクターとの話し合いが非常に大切になるのです。

治療費用は比較的安く済むから経済的

皮膚科でのAGA治療は保険が適用されません。ですが、皮膚科でAGA検査を受ける場合、検査項目が少ないので、料金が安くなるのはメリットです。症状によっては保険診療での治療やアドバイスで対応できる場合もあります。

ただし皮膚科では、薬の投与に耐えられるかを調べる血液検査は行われても、遺伝子検査は省かれることがあります。

また、ジェネリック薬の取り扱いがあるか確認できるのも皮膚科のメリットです。一般的にジェネリック薬は新薬の7割程度になるため、治療費を3割程度抑えられます。

AGAを皮膚科で治療するデメリット

先ほどまではAGAを皮膚科で治療するメリットについて触れましたが、ここからは逆にAGAを皮膚科で治療するデメリットを確認します。

  • AGAの治療実績は少ないため専門度が低い
  • 選択肢に幅がないため治療方法に限界がある
  • 検査項目が少ないため確定診断ができない場合がある

これらの3つのポイントごとに解説していきます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

AGAの治療実績は少ないため専門度が低い

実績が少ないことで、十分な診断・治療ができない可能性もあります。

AGAクリニックの視診では、頭皮の状態や、髪の毛の太さ・長さ・密度などを確認します。そのため、専門性が問われる検査なのですが、皮膚科の医師が頭髪について詳しいかは分かりません。

皮膚科はAGAよりも湿疹やかゆみ、アトピー性皮膚炎などの病気をメインに診療しています。そのため、AGAの治療実績は少ないため専門度が低い傾向にあるのです

しっかりAGA治療を受けたい場合は、最低限の検査だけを行う病院なのか、専門病院で行うのと同じような検査を行う病院なのかを確認しなければいけないでしょう。

選択肢に幅がないため治療方法に限界がある

皮膚科のAGA治療は薬物療法が主ですから、治療法に選択肢に幅がありません。

通院頻度が低く治療費も安く済むのは利点ですが、発毛効果が期待できるというよりは、これ以上薄毛が進行しないよう現状維持をする治療が中心になるためです

AGAクリニックの場合は内服薬の投与が可能かだけでなく、血液検査で生活習慣やほかの病気の有無も確認します。内服薬の投与が可能かだけでなく、生活習慣やほかの病気の有無も確認するので、治療方法を検討しやすいのです。

検査項目が少ないため確定診断ができない場合がある

皮膚科では、薬の投与に耐えられるかを調べる血液検査は行われても、遺伝子検査が省かれることがあります。そのため、明らかにAGAではない脱毛症を除外することしかできないまま、AGAの治療に入るケースも少なくないのです

AGAをはじめ薄毛や抜け毛の種類はいろいろで薄毛になる原因も人それぞれ。改善していくには原因を見つけて解消していくことが必要です。AGAクリニックの場合、AGA以外の脱毛症かを調べる以外にも、AGAの発症リスクや治療の効きやすさの予測なども検査するため、検査項目が多いのです。

皮膚科でAGAを受診する際の注意点

皮膚科でのAGA治療のメリット・デメリットを理解したところで、皮膚科でAGAを受診する際の注意点についてもチェックしておきましょう。以下の2つのポイントごとに解説していきます。

  • AGAの治療なら基本的に保険適用はされない
  • 受付時にAGAの治療をしにきたことを伝える必要性がある

それぞれチェックしてみてくださいね!

AGAの治療なら基本的に保険適用はされない

上記でも軽く触れましたが、AGAの治療の場合は基本的に保険適用はされません。皮膚科の病院はどこも​​自由診療なので、病院によって費用はさまざまです。

金銭面というのは、病気の治療において非常に重要な要素です。継続できなければ改善することもできないので、自分で継続してお金を払える範囲での治療を行ってくれる病院、支払い方法について相談にのってくれる病院を選んでください。

医療機関ごとに検査方法や費用などにばらつきがありますから、必ずチェックしましょうね!

受付時にAGAの治療をしにきたことを伝える必要性がある

AGAクリニックの場合は専門医ですから、みんなが同じ悩みを抱えて医院に来ています。

「AGA・薄毛」は病気ですから、本来は恥ずかしいことではありません。しかし、口で言うのは恥ずかしいというのは当然の気持ちです。

皮膚科の場合、皮膚に関する多くの病を診ていますから、言いにくいと思いますがAGA治療を受けにきたことを言うしかありません。受付で何と言ったらいいか、また、どう言ったら悩んでることが伝わるかを悩む方もいるでしょう。

皮膚科とAGAクリニックの2つの大きな違い

皮膚科とAGAクリニックの決定的な違いを以下の2つのポイントで解説していきます。

  • 発毛治療ができるかできないか
  • AGA専門の医療機関かそうではないか

それぞれ順に見ていきましょう。

発毛治療ができるかできないか

皮膚科でAGAの治療を行っているところもありますし、AGA治療薬を置いているところもあります。しかし上記の通り、どこの皮膚科でもAGA治療ができるわけではありません。

AGA治療薬は置いてるけどあまり種類がない皮膚科や、治療経験が少ない皮膚科もあります。発毛効果が期待できるというよりは、これ以上薄毛が進行しないよう現状維持をする治療が中心です。発毛効果をすぐに期待するのは難しいでしょう。

AGA専門クリニックでは、薬の処方以外にも、患者さん一人ひとりに合ったオーダーメイドの治療法を行っています。また、発毛効果が認められている、フィナステリドとミノキシジルを主成分としたオリジナルの発毛薬を取り入れている医療機関もあります。

AGA専門の医療機関かそうではないか

AGA専門クリニックの特徴は、一般の病院に比べて専門医による問診や細かな検査を受けられる、実績に基づいた診断と治療の”見極め力”があることです

毛髪に関する専門知識をもとに、髪の正しいケア方法などのアドバイスも受けられます。

また、薄毛はデリケートな問題です。信頼できて、何でも話せる雰囲気のスタッフがいる病院であることも重要なことです。これは皮膚科であれ、AGAクリニックであれ同じことです。

最終的に皮膚科とAGAクリニックのどちらを選ぶべきかのポイント

AGAは、良いクリニックを選んできちんと治療すれば、怖くありません。

そこで、最終的に皮膚科とAGAクリニックのどちらを選ぶべきかのポイントについてもチェックしておきましょう。以下の2つのポイントごとに解説していきます。

  • AGAの治療を通じてどの程度の効果を期待しているか
  • 長期間継続して通えそうなのはどちらか

それぞれチェックしてみてくださいね!

AGAの治療を通じてどの程度の効果を期待しているか

AGAの治療を通じてどの程度の効果を期待しているかは、クリニック選びの大きな基準になります。

≪皮膚科でのAGA治療に向いている人≫

  • 現状維持でいい
  • 最低限の検査だけしてほしい
  • 近くにある皮膚科のほうが行きやすい

≪AGAクリニックでのAGA治療に向いている人≫

  • 元の髪の毛を取り戻したい
  • 短期間で結果を出したい
  • オーダーメイドの治療をしてほしい

手軽に治療を受けたい方、あまりAGAが進行していない方は皮膚科。より自分に合った治療を受け、強く健康的な髪を取り戻したいという方は、AGA・薄毛治療を専門的に行っているクリニックへの受診をおすすめします。

長期間継続して通えそうなのはどちらか

長期間継続して通えそうなのはどちらかを考えるのも大切です。費用面・モチベーション面などを加味しながら考えてみましょう!

≪費用面≫

皮膚科で治療すれば、少しは安く治療できると思っている人もいるかもしれません。ですが、AGA診療は、基本的にどこの医療機関を受診しても自費診療です。ただ、検査項目が少ない分、皮膚科のほうが比較的安価に受けられるといえます。

≪モチベーション≫

モチベーションの上がり下がりは人によって異なります。早く結果が出るほうがモチベーションが上がる方もいれば、安く治療を受けられるほうがモチベーションが上がる人もいるでしょう。自分にとって「続けられる」と思える方を選ぶのも大事です。

より専門度の高い治療を受けたいならAGAクリニックに相談しよう

AGA治療を受けようとするときは、病院選びが非常に重要です。

これまで皮膚科での治療内容、治療を受ける場合のメリット・デメリット、医療機関を選ぶポイントについて解説してきました。

本記事をまとめると、以下の通りです。

  • 皮膚科ではベーシックなAGA治療ができる
  • 皮膚科は実績が少ないことで、十分な診断・治療ができない可能性もある
  • 信頼できて何でも話せる雰囲気のスタッフがいる病院であることは」重要
  • 治療を通じてどの程度の効果を期待しているかが、医療機関選びの大きな基準

せっかく治療を開始されるのであれば、治療の選択肢の幅がある方がおすすめです。

AGA専門クリニックは、専門と名がつくだけあって、毛髪の状態を診断する知識を持った毛髪診断士が在籍しており、実績も豊富です。納得のいくクリニックで、納得のいく治療を受けましょう。

AGAクリニックの選び方とは?通院を決める前に検討すべきポイントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です