感染症対策

アースランクラブは独自の感染症対策ガイダンスを制定し、それに沿って運営されます

感染症対策ガイダンス(NPO法人日本アウトフィットネス協会)

「NPO法人アウトフィットネス協会」のイベント運営における
感染症予防ガイドライン
NPO法人日本アウトフィットネス協会
設定の目的
屋外での健康増進活動の普及を目的とするNPO法人日本アウトフィットネス協会は、パンデミック発生時におけるイベントを開催するうえで、最新の情報の収集につとめ、イベントへの参加者並びにスタッフボランティアの健康と安全を最優先に確保するため次のガイドラインを設定する。
詳細はこちら→運営ガイダンス
参加にあたっては次の資料を印刷してお使いください。
「健康チェックと誓約書」(当日受付で署名提出)
コロナ対応健康管理表大会前後2週間分あります。健康管理にご利用ください(提出の必要はありません)

感染症対策の概略

感染症等の発生のため急遽中止や延期になった場合、または感染症の感染が疑われるなどご自身の判断でキャンセルする場合も、決定時期により他の大会に振替えか一部返金も可能です(協会規定による)。
安心して申込んでください。

【感染症予防対策抜粋】

①マスク必携、受付時に検温、手指の消毒を行う
  ※競技中のマスクの取扱いは最新の情報をもとに当日の説明会で発表します。
②当日の受付で体温が37.0℃以上の方はメディアルスタッフの問診を受ける。
③密閉をさけるため更衣室テントは設置しない。そのまま走れるウエアで集合してもらう。
④競技説明会はYouTubeによるonline配信として1か所に集まらない。
⑤2列に並んで2秒ごとに順番でスタートしていくショットガンスタートとする。
⑥給水所は冷水、スポーツドリンク、栄養補助食を3つのブロックに分ける。
⑦ゴール後、手を洗い、間隔をあけて並び、記録証を受け取る。
⑧表彰式は行わない。リアルタイム周回表示モニターも設置しない。
⑨無駄な会話はやめて、大きな声での会話は控えてもらう。
⑩原則応援者なし(家族等少人数の応援は可能)。

 

ページの先頭へ